アフィリエイトはもうオワコンなのか?

アフィリエイトはもうオワコンなのか?

半分当たってるし半分当たってないんだよね。

グーグルはこれから、検索結果からアフィリエイトサイトの順位をどんどん下げていくはずなんだけど。

だって最近いろいろあったでしょ。

どっかの有名な健康情報サイトがガセネタばかりで、それを信じて推奨されていることをやったら健康被害がでちゃったとか。

それから仮想通貨の投資を勧めるサイト。

1年で数十億円儲けたとかいう話が満載で、はやく仮想通貨買わないと大損するよ的なあおりをするアフィリエイトサイトがたくさんあったんだよね。

Gの検索結果をみて、その情報が正しいものなのか、ガセネタなのかを判別する能力ってそう簡単には身につかない。

情弱さんが多いんだよね。実際。

とにかくG様は今後、お金や健康に関する情報を載せているアフィリエイトサイトをどんどん駆逐していくはずだよ。

でも、これからアフィリエイトをやろうと思っている人や、今やってる人も絶望するほどのことではないんだよ。

アフィリエイトっていうことば一括りで、いいとかダメとか言えるほどアフィリエイトの世界は単純なものではないんだよね。

要は、どれだけ自分で考えて考え抜いて、頭が混乱して、苦しみながらも、黙々とサイトをつくり、トライ&エラーを経験しないとなにも始まらない。

今でも情報商材が売れているというのに驚くんだけど、数千、数万円払って得た情報でアフィリエイトの成功者になって年収億とかあり得ないでしょ。

スポンサーリンク

そんなものに期待しているうちは、絶対にアフィリエイトで食える日はやってこないんだよね。

たとえ他人がある手法でアフィリエイトで成功しても、それってその人にだけしか通用しない方法だってこと。

そこを理解して、自分で検証していかないとダメだんだよ。

時間と手間はかかるよ。

だって満員電車に乗らず、いやな上司や取り引き先にペコペコしなくても生きていける方法なんだからね。

私もね、最初はいろいろな情報商材を買って、そこに書いてある通りにやったりしたよ。

当時のアフィリエイトの基礎的なことはそれなりにわかったし、そこから自分で工夫もしたよ。

でも数年前、もっというと去年まではその方法でやってG様の検索上位になれたとしても、今になってはまったく逆効果になることもあるんだよね。

繰り返すけど、ネットで情報収集したり、他人のアフィリエイト手法を学んだりすることは最低限必要だけれど、人の真似してばかりでは絶対にアフィリエイトで食えるようになんかならないってことだよ。




スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。