救助ヘリが警察や消防などの公的なヘリか、民間機かで救助された人が支払う金額が分かれるそうだ

救助ヘリが警察や消防などの公的なヘリか、民間機かで救助された人が支払う金額が分かれるそうだ

2016年の遭難者数約3,000人は、10年前の約2倍だそうだ。

緊急何とか24時間的な番組で、軽装で登山をして遭難救助ヘリに助けられるみたいなのを見たが、

あれって、行ったヘリが警察や消防などの公的なヘリか、民間機かで救助された人が支払う必用があるかどうかで分かれるんだって。

ちなみに自衛隊のヘリは都道府県知事の命令がないと出動できなくて、大規模な災害救助のときに活躍しているあれだ。

民間機だと救出時間1時間で最低でも60万円はする。

すごく高いよな。

運良く公のヘリが救助に行った場合は、基本的に高い費用の請求はないらしい(被救助者が官民機の選択することはできない)。

スポンサーリンク

で、県外から危険対策をせずに、お気楽に登山に来た連中を、地元の住民税で飛ばしているヘリで助けることに、いろいろ批判があったから、これから公機の救助の場合も料金をとることにするらしい。

埼玉県の場合だと5分5,000円だそうだ。

1時間で6万円って民間ヘリの10分の1じゃないか。

私は登山はしないけど、それを趣味にしている友人に言わせると、子供が遠足で行くような高尾山でも、しょっちゅう遭難者がでているし、のび太の裏山みたいなとこでも、十分に遭難する危険性はあるんだって。

まぁ、私は高所恐怖症で、高尾山レベルからの景色でもビビるので、遭難することはないんだけど、

なんとかと煙は高いところが好きっていうからな。

地元の税金使って無料ではなく、一部費用を被救助者が負担するのは普通に当たり前のことだ。

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。