学校でいじめを受けている子のご両親へ

学校でいじめを受けている子のご両親へ

いつになっても社会的、肉体的に強いものがその弱い立場の者に対するハラスメントが減らない。

日本は資本主義だから資本家と労働者という関係の中で我々親は暮らしている。

子供たちの社会でもそういうことが起きるのも定めなのかもしれない。

しかし、当然にあるということだからって被害者が泣き寝入りする必要はない。

例えば、学校で我が子がいじめにあっていることを知った親がまず普通に相談にいくところが学校の担任や校長。

そして学校の先生たちが何もしてくれず、もしくは形式的なことしかしない事なかれ主義だと知って、

ショックを受けて次に相談にいくところが教育委員会。

ううむ。。

校長も教育委員会もツルんでるんだから、まして公立の学校ならお役人がわざわざ事を起こして身内のお役人をやり玉に挙げるようなことはしないって。

こういう場合、親がまず行くべきところは法律事務所、弁護士を自腹で雇うお金が足りないなら各都道府県に必ず設置されている「法テラス」に電話して、当番の弁護士に相談する日の予約をする。

そして、まず弁護士に刑事、民事の両方から相手の親を訴えることを依頼する。

刑事的に訴えるためには、我が子が暴力をふるわれてケガをした個所などの証拠写真をとっておくこと。

そしてできれば子供が学校に行くときボイスレコーダーを持たせることができるなら尚よい。

スポンサーリンク

相手が小学生であったら暴行罪や傷害罪で訴えることは厳しいので、徹底的に相手の親に対して、我が子そして親である自分が受けた肉体的、精神的損害の賠償を請求すること。

中学生ぐらいになると、暴行罪や傷害罪で逮捕されることもある。

相手の親が一番ビビるのが損害賠償をプロの弁護士から請求されることだ。

今まで自分の子が悪さをしているのに無関心だったそいつらは、一転して超パニくり悪ガキをぶちのめすはず。

自分の子供が他人に暴力をふるっていても無関心だが、自分がカネ払わなきゃならないのは耐えられない。

そしてあなたは相手が土下座して謝罪しようが、そんなものは信じてはいけない。

和解など簡単にしてしまってはいけない。

徹底的に最後まで法的責任を相手の親にとらせることが重要だ。

そのことをきちんと弁護士に言うこと。

弁護士の中には、安い仕事だからできるだけ早く和解させたがるのもいるので、こちらの主張を最低限も聞こうとしない弁護士は即解任する。

法テラスから紹介された弁護士なら、弁護士をかえて欲しい旨をはっきり言う。

とにかく相手が泣きを入れてきても簡単に妥協してはいけない。

もし相手がかわいそうになって簡単に許してしまったら、あなたの子供はかならずまた学校で前よりも激しいいじめにあうから。

「おまえよくもチクったな」と。

我が子を守るには親がまず強くならないといけない。

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。