こんなダメな私でも夢がある

こんなダメな私でも夢がある

神奈川県立の中堅高校を卒業して、三流大学法学部に入学するも、バイトに明け暮れて授業を受けなかった。

2年から3年生になるときに、出席日数が足りないので定期試験を受ける権利がないとか大学側から言われて。

三流大学を留年して卒業したら・・って思うと絶望的になった。

が、しかし、私は履修している科目の全教授(だけじゃなかったんだろうね、全員が教授なはずないが詳細を忘れたw)の研究室をまわって、

出席日数足りないが、何とか定期試験受けさせてくださいとの旨を伝え、頭を下げた。

そしたらなんと全先生が、私自身が出した条件をクリアしたらという案を受け入れてくれた。

その条件とはw

定期試験を受けて、優、良、可、不可(不可をとると単位を落とす)のうち「優」以外なら不可をつけてくださいと。

そのころ既に法律系の国家試験を目指していた私は、ちょっと心の中でほくそ笑んだ。

私が勉強している内容に比べて、三流大学の定期試験などちょろいという感じだったから。

そしてめでたく、全科目「優」をとり、無事3年生になれた。

そして、4年生になり卒業を迎えるにあたって、保護者と学校側(就活担当の事務員と商法の権威の教授が面談のようなことをした際に、

スポンサーリンク

ぜひ息子さんを私(その教授)の下で勉強をさせたいとの旨を伝えてきたそうな。

つまり大学院で法律を学んでから、実務家を目指すのはそれからでもいいんじゃないかって。

お恥ずかしながら、我が母校は、過去にひとりも「法律実務家」になった人がゼロで、そもそもそういうのを目指そうという学生すら皆無だったって。

私は速攻で辞退した。

片道2時間とかかかる通学はもううんざりだったし、親にこれ以上カネ使わせたくなかったしね。

まぁ、大学院行ってればよかったのか、それとも今みたいにパッとしないオヤジでよかったのかは、私が死ぬときにわかるのかなw

ちょっと本題から離れてしまったが、

私には、親から虐待にあっている子供、貧困に喘いでいる子供を助けるというか、サポートするようなやつにいつかはなりたいという夢がある。

どこかのNPO法人に入れてもらって活動するか、ひとりでやるかはまだ未定。

そもそもその世界のことをまだ詳細もなにもわかってないし。

つまり、行政があまり手を出したくない仕事を民間人が代わりにやるみたいなことをしたい。

身の危険もあるかもしれないが、それでもやりたい。

そのためには持病をもう少し安定させないとダメだよな。

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。