薬剤耐性菌の問題が注目されてもうかなり経つよね

薬剤耐性菌の問題が注目されてもうかなり経つよね

抗生物質が風邪やインフルなどのウィルス性のものには効果がなく、菌(黄色ブドウ球菌、結核菌など)にしか効かないっていうことはもう常識だと言われているが、

そうでもないらしいね。

医師の60%以上が、ほんとうは抗生物質では治療できない病気であるのを分かりながらも、患者の強い要望でやむなく処方したことがあるって。

まぁお医者さんも利益をあげないと医院経営ができないからね。

今は昔みたいにドクターが上から目線で仕事できない時代になったし、

モンスター患者みたいなのが増えても仕方ないのかも。

スポンサーリンク

でも、我々が抗生物質を無意味につかいまくると、自分の体になかに薬剤耐性菌(本来効果のあった抗生物質が乱用や医師に言われた期間服用せずに勝手にやめてしまい、その薬で死滅しなかったことを繰り返した結果、その構成物質が効かなくなった菌)がどんどん増えてしまうんだな。

そしてその人の排泄物などから下水道を通り、いつかは海にでて、それを海洋生物が摂取して、そしてまた我々の体に戻ってくる。

そういうことを繰り返すと、以前は効いていた抗生物質が効かなくなってくるそうだ。

私は専門家じゃないから詳しく理解しているわけではないがね、

人類が滅亡する原因になる可能性としては、核兵器なんかよりずっと高いのではないかと言っている専門家の話を聞いてほんとうにゾッとした。

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。