高3の息子は幼稚園に行っていなかった

高3の息子は幼稚園に行っていなかった

私ら家族がまだ横浜に住んでいた頃、息子が幼稚園に入れる年齢になったので、近所にある幼稚園の説明会に行ってみた。

私が住んでいたところは中区(本牧や中華街あたり)というところで、こんなに少子化時代なんだからどうせ説明会にくるのは十数名かなって思っていた。

しかーーし!当日行ってみると、百人以上のママパパジイジバアバがつめかけていて、会場は熱気ムンムン状態。

うわすげーー!どこにこんな人数のガキがいたんだい!みたいな。

げーこれって抽選か選抜試験とかかい?と思いながらもけっこう待たされたあと、

園長先生のお出まし。

「皆様、本日はお忙しいところの御来園、誠にありがとうございます。」

「本年は園児さんの新規募集を致しません。よろしくお願い致します。」

は?

え??????

どーゆーこと??

そのまんまでした。

スポンサーリンク

てめーー忙しい(実は対して忙しくなかった)のにわざわざ来たのに、こんだけ親集めて今年は新規募集しないってか!

そんなら前もってHPにでも書いておけやボケがああああああああ!

おっと失礼。夜の店とか経営したりすると人が変わります。

だいたいのやつが、ケンカっぱやくなり、女好きになったりもします。

私も例外では・・

それはこっちに置いといて。。

まぁ仕方がないと思い、他の幼稚園に問い合わせると、なんと!

幼稚園自体が少なくて、挙句にもう満員で・・

確かに繁華街、観光地だから住人少ないけど、幼稚園そんなになかったのかい。。

そんなこんなしているうちに、私の仕事の事情で引っ越すことになった。

引っ越し先でもなかなか空きがなくて、かわいそうなことに息子は私に、

「別に幼稚園なんか行かんからって、お前の人生に数ミリの違いもないぜ!」

などとわけのわからんことを言われ、とうとう幼稚園には行けなかったそうです。

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。