ど素人が水商売を始めると怖いよ

ど素人が水商売を始めると怖いよ

私がまだ横浜関内で飲み屋をやっていた頃、34歳ぐらいだったかな、

開店時、その業界ではど素人だったツケがボディブローのように効いてきて、店の健全な運営に陰りが見えてきた。

そもそも開店前には、飲食業の開業をサポートする企業に依頼して、開業のノウハウや料理のレシピなどをけっこう高いサポート代を払って(数百万)学んでいたのだが、

業者に完全お任せで、店の設計から施工、厨房機器の購入,レンタル、食材納入業者の選定などもしていたため、妙な違和感のある高級店みたいになってしまった。

今思うと、地域のお勤め人の稼ぎでは敷居の高すぎる価格設定で開店したので、最初はほんとうにお客が来なくて、毎日胃が痛くなるような気持ちでお客が来てくれるのを待っていた。

どこも不景気なんだろうかなと思っていたのだが、激安居酒屋やスナックなどには、それなりにお客が入っていた。

切羽詰まった私はとうとうやってはいけない近隣店との「値下げ合戦」に参戦してしまった。

生ビールの値段を下げたり(生ビールは原価率が高くてあまり儲からない)、やっときてくれたお客の要望で、イワシの丸干しとか、店構えからして全然合っていないメニューが増えてしまったりした。

高級店ぽい感じの店の換気扇の排気口から、しょちゅう魚を焼く臭いがしてたらね。。

スポンサーリンク

しかし、そんなであっても高い家賃(月36万円ぐらい)、仕入れ代、人件費は変わらずで完全にヤバイ状況になっていた。

やむを得ず人件費を削って、自分で厨房に入りながらフロアもこなさねばならない日々。

また、夜来てくれる客層開拓のためにランチ営業もやったが、これまた赤字覚悟のメニュー内容でますます切羽詰まっていくし、私も朝9時からランチの準備にかかって、帰宅は深夜4時とかだったので案の定、完全に体調を崩してしまった。

その先は当然の帰結であった。

お勤め人が定年後は小さな店をやりたいとかよく聞くが、安易に業者に開店までの全工程をお任せしてはいけない。

彼らは納入業者などからリベートを受け取るシステムで、その店がある地域や客層に合わない高価なものをど素人に勧めたりするからだ。

天井にBOSEのモニタースピーカーが取り付けてあるような店、コースターも店名入りの凝ったデザイン、ワインもこれまたボトルに店名入りのハウスワイン。

イワシのミリン干しの臭いがしている店なのに。。

この辺から私の人生が大きく変わっていった感じだった。

若いころは法律関係の仕事に就きたいって思っていたのにね。

まぁそれも分不相応だったんだけどね。

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。