横浜の怖いところ

横浜の怖いところ

関内で店やってた頃、暇で常連さんと閉店まで飲んでいた日。

飲んじゃったので車で帰るわけにもいかず、大通りまででて交差点でタクシーを待っていたんだが、

何台も何台も私が手を挙げているのにスルーされた。

なんだこの乗車拒否のやつらは!

と怒ってると、やっと1台の個人タクシーが止まってくれた。

そのことを運転手さんに話すと、

「お客さん!あそこはダメだよ」

え?

「ほら、あそこってあの先ヤバイとこじゃん」

「タクシーは絶対に止まらないってwww」

あぁなるほど!あの先の裏通りは簡易宿泊所などがたくさんある横浜で1,2位を争う怖い場所だった。

冬になると道路のど真ん中にドラム缶置いて焚火して暖まっている方々がいたりする。

横浜のヤバイところは、まだまだあって、今思うと私ってけっこうヤバイところに引っ越したりしてたんだって。

黄金町。

京急のガード下に小料理屋さんっぽいのがたくさん連なっていて、

前を通ると「やり手婆」が「お客さん!いい娘いるからさ!寄ってきなよ!」

と、数メートル歩くごとに声かけてくる。

そして店は入り口が開けられてて、中はピンクの灯りが・・

その奥にはエロい服装で太ももを露わにした女性(中国やインドシナ系、東南アジア系、たまには日本人もいるらしい)が座ってこちらを見ている。

念のため言っておくが、私がそういう店に行ったわけではなく、友人と飲んだ帰りに酔った勢いで偵察に行っただけだ。

スポンサーリンク

その黄金町のマンションにも住んでいたことがあって、毎日お昼頃になるとマンションの前に黒塗りの高級車がとまり、

「おーい!辰!いくぞ!!」
「はいっ!兄貴ちょっとだけ待ってくだせえ」

みたいな大声がする。

帰宅したら、私の部屋の前の廊下で誰か寝てたりw

深夜に大通り公園沿いの歩道(広い)歩いてたら、前から歩道いっぱいに広がって歩いている6人ぐらいの兄ちゃんたちに絡まれたり。

でもこういうのって、もちろん横浜だけの話ではないんだよな。

夜間に女性ひとりで歩けるのは日本だけっていうけど、

ヤバイところにはヤバイ人がいるみたいな・・w

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。