電車内で痴漢だと言われるリスク

電車内で痴漢だと言われるリスク

毎日、満員電車で通勤、通学をされている方々、ほんとうにお疲れ様です。

私も勤め人をしていたことがあるので、その大変さはよく知っています。

満員電車内で痴漢扱いされて大変なことになったという話しはよく聞きます。

私も電車内の近くのところで女性が「この人、痴漢です!!」

と声をあげているのを実際に聞いたことがあります。

その当事者の気持ちになって聞いて欲しいです。

日本のようなきちんとした国で、やってもいない痴漢行為で犯罪者のレッテルをはられるとか、そんなのないでしょー!とお思いの方がほとんどだと思うのですが・・

日本で電車内で痴漢扱いを受け、そのまま駅長室に行ったりすると、99%近くの確立で有罪判決を受けることなると言われています。

満員電車でむしゃくしゃ、夫,彼とうまくいっていない、仕事で男性上司とうまくやっていけてない・・

等々で、激しいストレスを抱えた女性が誰でもいいから男性を攻撃したいと思って行うことがあるらしいです。

そんなことで関係ない自分が八つ当たりされて、とんとん拍子で犯罪者にされてしまうとか、ほんとうにあり得ないと思いますが、現実として特に珍しいことではなく、朝、夕の通勤時間帯に普通に多く起きることです。

我々男は運悪くそういう当事者になってしまったら、まず自分で自分の身を守らないといけません。

正に私がいつも言う「男性差別」だな、こういうのってと思ってしまいます。

その偽被害者女と周囲にいた、ちょっとヒーローになりたい男数名から強引にホームに降ろされる。

⇒駅員が来る。

⇒ちょっと駅長室まで来てください的なことを言われる。

⇒自分は無実なのだからと堂々と駅長室なりなんなりと行ってやろうじゃないか!

おーっと!まず、それダメ!

ホームのベンチなどに座って、自分は弁護士が来るまでここから動かない旨を宣言する(後述する、身元引受人として家族を呼ぶ、弁護士を呼ぶのが可能なら駅長室に行ってもいいかもです)。

そして、周囲のヒーロー希望のやつらも含め、全員に自分の体に指1本でも触れたら暴行罪で訴える旨も宣言。

ここらで関係ない男どもは面倒なことに巻き込まれたくないからその場を去ってくはず。

やがて警察官が到着。

任意で警察に同行することを拒否すると現行犯で逮捕されることもあり得る。

駅員や警察官に弁護士を呼ぶと言う。

知り合いに弁護士がいないなら、テレビや看板などで見たことのある弁護士事務所に連絡する。

スポンサーリンク

弁護士法人Mikata(ミカタ)↓クリック

夜遅かったりなどの場合は、弁護士会の「当番弁護士」を利用する旨を駅員や警察官に言う。

逮捕されてしまったら48時間は担当弁護士としか会えない。

家族と連絡もとれない。

弁護士に会社に無断欠勤にならないように連絡してもらう。

とにかく、どんなに追い詰められても絶対に無罪を主張し続けることが重要だ。

罪を認めて相手方と示談してしまえば、すぐに自由になれるという罠にかからないこと。

しかし、、ほとんどの場合、弁護士から罪を認めて自白したほうがいいとアドバイスされる。

前科はついてしまうが、20日以上も拘留されて、裁判になって有罪になり、刑を受けることになるより、自白して罰金を払えば数日で出られると。

こんなことがこの平和な法治国家である日本で、毎日のように当たり前に起きている現実を知っておきたい。

⇒ 左手の証明―記者が追いかけた痴漢冤罪事件868日の真実 (Nanaブックス)

下記リンク先の「法テラス」は各都道府県に1つ設置されている独立行政法人です。

弁護士のあてがなかったり、弁護費用の支払いに困ったりした場合はぜひ問い合わせてみることをお勧めします。

低所得者の場合などは、審査によって弁護士費用の全額免除や、費用の立て替えで分割払いに応じてくれたりします。

お金に余裕がないからといって、決して法治国家の国民である権利を放棄してはいけません。

クリック⇒法テラスHP

 

スポンサーリンク


*当サイト管理人の「ダメおやじ」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。